ドキュメント・ウルトラファクトリー展設営

6月9日より豊田市美術館で始まった、ドキュメント・ウルトラファクトリー展。
搬入にはたくさんの学生と、クリティカルデザインラボディレクター原田さん、水野さん、ウルトラファクトリープレスディレクターの多田さん、ヤノベディレクターが参加しました。

08年度ウルトラファクトリープレスに参加していた林さんのドキュメント展搬入レポートをご紹介します。

///////////////////////////////////////
6月8日、9日と、「ドキュメント・ウルトラファクトリー」展の設営に行ってきました。ウルトラ展のオープニング以来、約2ヶ月ぶりの豊田!ただいま!
前回のウルトラ展設営は、ウルトラプロジェクトチームを中心に行いましたが、今回は08年度のクリティカルデザインラボのメンバーと、ワークショップを開催中のウルトラファクトリープレスのメンバーが参加。

日曜日の閉館後から、休館日である月曜日中に限られた設営時間。この時間内に、5つのプロジェクトドキュメントの展示、ワークショップの完成、大型出力写真の張付け、映像投影、バナー・年表の設置、キャプションの作成、ライティング、果てはクリラボメンバーの個人作品の制作などなどを分担して行い、目の回るような慌ただしさです。


2009060701.jpg

ウルトラファクトリープレスは、企画したワークショップ「トらやんの黒い森で、太陽を見つけよう」の最後の仕掛けをつくり込みます。森に現れた太陽に、たくさんの線を引いて、大きな楽譜を完成させました。また、これまでの1年間に行ったさまざまなプロジェクトの制作物も展示し、喜びもひとしおです。


2009060703.jpg

クリティカルデザインラボは、約半年間行ってきた「クリティカルリサーチ&デザイン:タクティリティ」の成果を、個人作品として発表。公共美術館での展示という貴重な機会に、とことん気合いを入れ制作された作品たちが、会場に緊張感を生み出します。2008年度の活動成果をまとめたドキュメントブックもぎりぎり間に合いました!


2009060702.jpg

となりの展示室では、ヤノベケンジプロジェクト「ガリバー&スウィフト」、「ウルトラ」、名和晃平プロジェクト「ULTRA×KNA」の展示と、学生が制作したプロモーション映像などウルトラファクトリーにまつわる映像作品の上映を行います。

創設より1年となるウルトラファクトリー。この1年間で、どんどんかたちを変え、まさにウルトラ化したこの工房の活動をまとめた「ドキュメント・ウルトラファクトリー」展。6月21日まで開催中です。すでにウルトラ展にお越しいただいた方も、ぜひご高覧ください。
///////////////////////////////////////
posted by ウルトラファクトリー at 19:04 | ウルトラファクトリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-->
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。