「ヤノベケンジ−ウルトラ」展4月3日−8日搬入の様子

豊田市美術館「ヤノベケンジ−ウルトラ」展の設営へは、教育の一環としてプロの現場をより身近で体験し、その真剣さを学んでもらうため、多くの学生に参加してもらいました。
今回はその参加学生による搬入レポートを紹介します。

////////////////////////////////////////
ultra_open02.jpg

4月上旬、豊田市美術館にて開催される「ヤノベケンジ−ウルトラ」展の設営に行きました。
ヤノベプロジェクトの学生、スタッフは設営業者とともに新作《ウルトラ》を組み立て。大量の防水シートを展示室内に設置するところから、約一週間をかけて直径8メートルにおよぶ黒い太陽を作り上げました。

ultra_open03.jpg
ultra_open04.jpg

クリティカルデザインラボは、グラフィックデザインと空間構成を担当。キャプションの設置、作品の補修、ライティング、映像の調整など、6つの展示室を走り回り、展覧会を作り上げるための裏方に徹します。

ultra_open06.jpg
ultra_open07.jpg


そのうち一つの展示室では、ウルトラファクトリープレスが企画したワークショップが行われます。みんなより早く豊田入りしたプレスメンバーは、壁一面に巨大な「トらやんの黒い森」を描いていきました。そして森の中には、ある仕掛けが・・・。このワークショップは、展覧会会期の6月21日まで開催しています。ぜひご参加ください。

ultra_open05.jpg
ultra_open08.jpg

大人数での搬入の楽しみはごはん!美術館の外にはサクラ!
天候にも恵まれた今回の設営。お昼は毎日お花見をしながらご飯をいただき、ウルトラファミリーの絆がますます深まりました。

ultra_open00.jpg

////////////////////////////////////////

このようにしてたくさんの人が関わった今回の設営作業。

果たして、うまく初日を迎えることが出来るのでしょうか。



posted by ウルトラファクトリー at 17:42 | ウルトラプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-->
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。